脱原発、再生可能エネルギーを増やすドイツの現状とは?

太陽光発電や風力発電には、電気の安定供給のために、バックアップ電源が、必ず要る。

福島第一原発事故を契機に脱原発を決め、再生可能エネルギーの割合を増やす政策に舵を大きくきったドイツでは、価格を含めた電気の安定的供給が、しっかりと、できているのかどうか、多くのマスメディアは、報道をほとんどしてこなかった観がある。

そんな中、毎日新聞が、2014年2月18日(火)付記事の、

地球ING・進行形の現場から:第2ドイツ、再生エネの課題」(会員でないとWeb記事の閲覧不可)

で、ドイツの現状について、報じた。

記事では、同一の送電網内における電気の需要と供給を一致させるために、火力発電所に指示を出して、電気を供給させている話や、反対に供給過剰の際に、起こることが懸念される、送電網の破壊の話などが、書かれていた。

※補足 送電網内における電気の需要と供給を一致させることができないと、例えば供給不足の時には、工場で使っている機械のモーターの回転数が落ち、生産活動に支障が生じる。

 

 

Leave a Reply