う~ん…

現在の、日本を取り巻く国際情勢を考えると、集団的自衛権の容認は、必要な気がするが、それを、例外規定を設けて、一部容認のような形で、認めようとすれば、「憲法違反」といっていいだろう。

また、今までの憲法解釈の変更で、認めようとすれば、自分にとって都合がよいように、解釈を変更するわけだから、政治が「法の支配」から逸れ、「人為的な支配」となって、安倍首相がよく口にする「法の支配」と相反する気がする。

砂川裁判の判決文――を援用した、高村さんの、

「日本国の平和を守るのに必要ならば、集団的自衛権の行使も、必要最小限度の自衛権の行使に含まれる」

とする見解は、面白いけれども、判決の主旨から、異を唱える人も、多いようだ。

やっぱり、集団的自衛権を認めようとするなら、憲法の改正が、一番すっきりする気がするが、如何!?(かなり厳しいが)

それとも、何か、他に、「よい知恵」があるだろうか?

Leave a Reply