私見ですけれども

今回示されたグレーゾーンについては、航空自衛隊のスクランブルと同じ要領で、自衛隊法の改正を、行えば、よいように思う。

集団安全保障における武力行使は?っといえば、例えば、ISAFに参加する際に、取りざたされた、小沢一郎の、

「国連のお墨付きに基づく武力行使は、『国権の発動たる戦争』ではなく、国連の下における、警察権の行使だから、違憲ではない」

とする論理でもよいし、

「攻撃を受けた民間人を守るための武力の行使ならば、同じく攻撃を受けた軍隊に加担するわけではないので、集団的自衛権の行使にはあたらない」

とする、論理でも、何とか、いける気もする。

いずれにしても、上記の2つの件については、集団的自衛権の行使を容認しなくとも、何とか、いけるのではないか?

問題は、アメリカを狙って発射されたミサイルを撃ち落とすために、日本が迎撃ミサイルを発射できるかどうかなどの、集団的自衛権の行使に、直接関係してくる事案だが、はてさて、どう考えるべきか? う~ん、頭が痛くなる…。

 

Leave a Reply