妄想…

理研の上席研究員の某氏が、今、問題となっている、STAP幹細胞の遺伝子を分析したところ、若山氏が、細胞作製を依頼した別系統のマウスの遺伝子が、あることが分かった。(他の研究機関でも、同じような分析結果だという)

それが本当だとすると、今回の論文の話は、悪質ではないか?っと、考える人が、かなり?――でてきそうな気がする。

要するに、STAP細胞は、存在するという前提に立って、とにかく、それを論証するためのデータは、ES細胞を使おうが、TS細胞を使おうが、何でもよい! 勝手に作ったデータを使ってしまえ!っという、いわゆる論文ねつ造というか、犯罪的な、論文という話になりかねない!っということだ。

ちなみに、ES細胞とTS細胞って、うまく混ぜ合わせることができ、しかも、そのことが分からないようにして、若山氏をだまして、マウス作製の実験をさせることができるのだろうか?

ここらあたりが、ひっかかるところだけれども、今後、この話がどのように進むのか? しばらく、またまた、注視ですかねぇ~?

 

Leave a Reply