一日も早い普天間基地移転を

沖縄にある在日米軍普天間基地の移設問題。普天間基地の移転は沖縄県民の悲願。それは世界で最も危険な基地と言われながら、未だに移転が行われていない。その危険性はアメリカの高官ですら認めるところ。

自民党政権は基地移転を計画し、辺野古への移転を実現するべく地元の理解を深めながら、時間と金をかけてきた。それは身を結ぶ直前まできていたと言われている。しかし民主党鳩山政権がそれを壊した。辺野古への移転の是非は別として、危険な基地が今もそこにあり続けていることをどう考えればいいのか。

沖縄県民は県外移設を求めて長年訴えているが、それを受け入れようと言う都道府県はない。首長が負担を分かち合うと言おうものなら、リコールされんばかりの猛反対が起こるだろう。辺野古への移転反対を訴えて多くの人たちが活動していても、辺野古以外の代替地は示せない。これもまた現実。

自然破壊は誰も望まない。しかし人間は自らのエゴの為に多くの自然を破壊してきた。辺野古の豊かな自然を破壊し、基地の建設を行うことは避けなければならない。しかし普天間基地周辺の住民の危険性を考えたら、辺野古への移転が一つの解決策であり近道ではある。

米軍退去、国外・県外移転などを訴えたところで、それが現実的ではないことは明らか。その実現が如何に困難かはだれもが知っている。そのための時間を費やすなら、普天間基地周辺住民の危険性回避を優先させるべきではないか。日米安保条約の問題、国外・県外移転の問題、戦争回避の問題などは、人命を優先させてからでも遅くない。辺野古への移転が実現したって、それは決して基地を認めることにはならない。一時的に譲歩することも必要な時がある。

自民党政権はアメリカのいいなりかもしれない。普天間基地の司令官は、普天間基地の危険性はないと言っている。しかし世界で一番危険な基地であることはアメリカも認め、移転についてはアメリカも了解している。辺野古への基地移転は現在の政府ができる、一番早い沖縄県民の危険回避策であることも間違いない。最善とは思わない。でも普天間基地に平穏な生活を脅かされている人たちの為に、一日も早い基地の移転を願う。

Leave a Reply