沖縄県民の意思は明確に示された

沖縄県知事選挙、那覇市長選挙で有権者は基地移転反対候補を当選させるという選択しました。前知事と政府の合意により得られる「お金」を断って、基地そのものの存在に改めて「いらない」を明確に表明しています。

私は普天間基地の問題に悩まされ続けている宜野湾市民の安全と安心のために、少しでも早い解消には不本意ながらも辺野古移転を受け入れることが現実的だと思っていました。しかしそれは沖縄県民の思いとは違うことが分かりました。県民の思いが明確になった以上、私は県民の思いを共有することが大切と思います。

 

Leave a Reply