KB4074588で、ウイルスセキュリティZEROが…

再起動の合図が出たので、何も考えずに、再起動し、最初に出る、ウイルスセキュリティZEROの、表示画面をみたら、迷惑メール対策が、「起動中」の表示…。

何か変だな?っと思い、チェックしてみたら、いつもならば、緑色の有効の表示となっているのに、赤丸の白の×表示がでていた。

HDDもなぜか、唸り、まったく静かになる感じがない。

何を、今インストールしたんだ?っと思い、調べようとしたら、更新プログラムの一覧が、全く出てこない!

しかたがないので、システムの復元をかけたが、エラーがでる。

で、いろいろとやっていたら、突然、更新プログラムの一覧がでたので、インストールの日から、今入れたと思われる、KB4074588を削除する操作をしたが、なんか、反応がおかしい。

この更新プログラムと、ウイルスセキュリティZEROが、競合している感じを受けたため、ウイルスセキュリティZEROを試しに、削除する作業を行ったら、さっきまで、うるさかったHDDが、急に、静かになった。

原因は、これか!っと思い、次に、再起動をしたら、またHDDが、うるさくなり始めた!

タスクバーに、先ほど削除したはずのセキュリティZEROのアイコンが、出ていた!

何かの間違いでは?っと思い、再度、ZEROを削除する操作をし、再起動をしたら、またまた、アイコンがでてきた!

ウイルスセキュリティZEROが、削除できない!

しかたがないので、翌日、マイクロソフトサポートへ電話をし、ことの次第を話して、リモートアシスタンスで、PCの調子を見ていただき、ウイルスセキュリティZEROを削除して、調整をしていただいた。

その後、調子が戻った感じであったので、再度、ウイルスセキュリティZEROをインストールしたら、調整をしていただいた前の状態に、再び戻ってしまった。

そして、アプリの動きもおかしくなってきたため、再度、マイクロソフトサポートへ電話をし、再び、リモートアシスタンスで、状態を、見ていただいた。

話では、普通は、セキュリティソフトをアンインストールすると、windows defenderが立ち上がるはずだが、defenderのウイルスの脅威と防止が、作動しないことなどから、完全にウイルスセキュリティZEROが削除されたようにみえるけれども、まだ残っており、その影響があるということ。

また、windows10にアップグレードした際に、ウイルスセキュリティZEROを引き続き使う予定で、アップグレードをしたことが、問題をおこしている可能性があるということで、windows10の修復ということで、上書きをすることになった。

が、最後の工程の、更新プログラムの構成でエラーが出、壊れるか?っと、思ったが、強制終了をかけ、再度電源を入れたところ、windows10を復元します―の表示が出、まずは、一安心。

その後、PCの調子も回復したけれども、また調子が悪くなるのが、怖いこともあり、現在は、ウイルスZEROをインストールせず、windows defenderを、使っている。

windows10 1709の更新プログラムのKB4074588は、マウスが動かなくなるなど、問題がいろいろと指摘されているようだが、私のPCの場合、ウイルスセキュリティZEROが、死亡した感じだ。

それにしても、windowsのupdateで、問題が発生したのが、今回が初めてで、たいへん驚いている。

 

Leave a Reply